ケイバルで競馬を学ぼう

ケイバル

雨が降った時の競馬は、晴れの時と別物と思おう!

競馬予想する上で、雨はとても重要なファクターです。どれほど重要かと言うと、雨を含んだコースの事を「重馬場」と言いますが、競馬新聞で出走する馬ごとの重馬場の時の成績を別枠で記載しているほどです。レースの展開もガラッと変わる事もありますし、大本命とされていた馬が惨敗を喫する事もあるので、波乱が起こりやすくなる原因にもなります。一般的に、雨が降ると芝コースは走りづらくなるので時計が掛かり、後ろから追い込んでくる馬には不利になりますが、ダート(砂)コースは脚抜きが良くなって逆に時計が出やすくなります。また、重馬場が得意な血統、苦手な血統というのもあります。新聞を見て、それらの血統が入っているかどうかというのもポイントになります。そして、馬自体が重馬場を得意とするか否かですが、蹄の形や走り方の問題の他に、泥をかけられるとやる気を無くす等の気性的な問題もあります。この場合は、泥をかけられずに走れると能力を発揮できる事もあるので、レース展開を読む必要があります。

雨天が競馬にもたらす幾つかの大きな影響とは

野外ギャンブルの代表的存在である競馬において、雨の日は極めてデリケートな条件となります。競馬ファン自身の雨に対するケアというよりはむしろ、雨がもたらす馬場変化や馬の得手不得手という、全く別のファクターが予想に入り込んで来るからです。晴天でパンパンに張った良馬場でのレースなら、各馬共ほぼ100パーセントの実力を発揮してくれるため、予想する側から見ても大変楽なのですが、悪天候に伴い馬場が水を多量に含み、重や不良のコンディションとなれば条件は一変します。こうした馬場を得意とする馬がレースにおいて幅を利かせる一方、良馬場にしか対応出来ない馬はどんなに実力があっても、十分に能力を発揮する事が出来なくなるのです。またレース展開にもあやが生じ易く、より波乱の要素が高くなってきます。こうした条件ではしばしば万馬券を始めとして高配当のレースが出現し易くなり、いわゆる穴党と呼ばれるファンが次々に穴馬券を的中させ、大活躍するケースもあるのです。

recommend

名入れボールペンはこちら

Last update:2017/11/2

▲TOP