ケイバルで競馬を学ぼう

ケイバル

競馬のファン層拡大に向けた取り組み

競馬はテレビ中継もされているなど最も私たちの生活になじみ深い公営ギャンブルと言えます。レースを行う施設は地方競馬も含めると全国に20か所以上あり、全国の各地にファンがいます。ここ数年、インターネットを駆使した取り組みに力を入れており、ファン層の拡大に勤めています。中でも、スマートフォンやパソコンなどでインターネット投票が出来る仕組みが確立されて以降、ファン層のすそ野が一気に拡大しました。身近にレースを行う施設や馬券を買う事が出来なかった層の取り込みに成功しています。更に、テレビ中継されないメインレース以外のレースなどもインターネットで動画配信するサービスが提供されるなど、ファンが望んでいるサービスの拡充が図られています。また、宝くじの様な高額当選のチャンスがあるWIN5という新たな馬券の投票方式も提供する様になり、新しい価値創造にも取り組んでいます。WIN5とは指定されている5つのレースの1着馬を5レース分すべて的中させる事で最大で6億円が得られるというものです。この様に現在の競馬は一部のファンの方だけでなく、気軽に楽しむ方から一攫千金を狙う方まで幅広い層が楽しめるエンターテイメントとなっています。

今や世界のトップクラスとなった日本の競馬界

競馬の発祥の地はイギリスと言われており、20世紀以降も競走馬の世界ではイギリスをはじめとする欧米諸国の競走馬が世界のトップに君臨していました。日本の競馬は欧米諸国と比べると比較的、後進的な国ではありましたが、着実に実績を上げ、近年では世界で通用するトップクラスの国となってきています。例えば、世界最高峰のレースの1つ凱旋門賞にも2000年以降ほぼ毎年、日本から競走馬が参戦する様になっています。これまではレベルの違いから参戦する事すらままならなかった時代が続きましたが、競走馬のレベルの向上、調教師の技術の向上、輸送の技術の向上など様々な取組によって世界最高峰のレースにおいても輝かしい成績を残しています。2014年には国際的な競走馬のレーティングで初めて日本の馬がランキングで1位を取るという快挙も成し遂げています。その様な風潮もあり、日本の競走馬が積極的に海外のレースに出走し、海外で活躍する様になりましたし、反対に海外からも著名な競走馬が日本のレースに参戦する様な形となっています。また、引退後に種牡馬としてや繁殖牝馬として国内外で活躍するケースも多くなってきています。この様に日本の競馬は名実ともに世界のトップクラスの仲間入りをしていると言えます。

recommend

宅配買取  洋服
http://ange-kaitori.jp/
遺品整理 横浜
http://wecan-i.com/
介護タクシー
http://www.kurunoru.com/
タイルカーペット
http://stepline.jp/tile-carpet.html
Tシャツ オリジナル
http://university-club.co.jp/
商材用のまつげエクステはこちら
http://www.odette.co.jp/
インテリア雑貨 問屋
http://cuddly-ai-shop.com/
釣具 買取り
http://www.suzuki-ya.jp/

最終更新日:2016/8/19

▲TOP